寝違え

寝違えでお困りの方へ

寝違えでお困りの方へ

寝違えが再発しない身体になりたい方へ

神戸市須磨区・長田区で寝違いにお困りの方へ

長田区新長田駅にお住まいのみなさま、こんにちは、整体・整骨の壯夬整骨院(そうかいせいこついん)です。

寝違え、朝起きたら首が曲がらなくてなっていて、ツラいですよね。

痛いこともそうですが、首が脳に近いこともあり、集中力が激減することも、寝違えの弊害だと思います。

実が寝違えは、目の前の痛み・首の回らなさだけでなく、こんなお悩みも多いんです。

  • 寝違が良くなったと思ったら、すぐに再発した
  • 寝違えが頻発するようになってきた
  • 寝違えで、湿布や電気治療受けたけど、良くならない
  • どんどんと首自体が弱くなってきている気がする etc

もしあなたが、このような寝違えに関する悩みをお持ちであれば、ぜひ当院にご相談ください。

目の前にある痛みだけでなく、あなたを「寝違いが起こらないように」していくことを得意としています。

施術料金

ホームページ初回限定

ご予約お問い合わせ

予約フォーム

ライン予約

放っておいたら寝違いが良くなったは、間違い

寝違えになった場合によく聞くことがあります。
「寝違えになって放っておいたら、寝違えが治った」
これは誤りです。あくまで寝違え時の炎症が自然と治まっただけであり、寝違えが起こった根っこの部分は、まったく変わっていないのです。

この寝違えの「根っこ」をきちんと対処しないと、「結局はすぐに寝違いが再発してしまう・頻発する身体のままである」ということです。

「寝違えになって放っておいたら、寝違えが治った」は一番やっていけない対処法なのです。

寝違えの根っことは

寝違えの根っこ、それは身体のゆがみです

頸椎(首の骨)・背骨・骨盤などがゆがみ、身体のバランスが崩れて、首とその周辺にジワジワジワと疲労が蓄積しています。

その蓄積が、寝ている時になんらかのキッカケで爆発して、寝違えが起こっているのです。

身体がのゆがみによる首の疲労の蓄積。この仕組みをなんとかしないかぎり、寝違えから本当に解放されることはありません。

そして壯夬整骨院では、その寝違えの根っこにアプローチをする施術をして、寝違いが再発しない身体に仕上げていくのです。

施術料金

ホームページ初回限定

ご予約お問い合わせ

予約フォーム

ライン予約

寝違えを再発させないための整体施術

身体の検査

 姿勢や歩き方をチェックすることで、その方のくせや身体の歪みを確認します。より確実に症状を良くするためには、まずは身体のことを知ることがとても重要です。検査を徹底しないと、間違った原因にアプローチして、無駄な施術になってしまうことがあります。的確に患者様を元気にしていくためには、検査は非常に重要なのです。

歪みの矯正

 検査に基づき、骨盤や背骨・頸椎の矯正を行います。歪みが原因で余計な力がかかっている関節や筋肉に的確にアプローチすることにより、硬縮した筋肉を和らげ、身体をリラックスした状態へと導きます。

無痛の整体

 当院の整体は、無痛の整体です。ボキボキもせず、身体にまったく負担はありません。患者さまは、「え、なにしてるの!?」と感じるくらい無痛の施術です。痛みが激しい方でも、安心してお受けいただけます。

こうすることで、目の前の姿勢の悪さだけでなく、身体のゆがみが再発しない身体に変えていくんです。すぐに症状が戻ってくる施術ではありません。「すぐに」「長く」効果を実感していただく施術なんです。

寝違え施術の注意点

寝違えを再発をさせないためには、以上のような全身調整が必要になってきますが、以下のような施術がNGです。

もみほぐし・マッサージ施術

 →より身体がゆがんでしまうようになる可能性があります

・電気治療・低周波治療

 →初期の炎症段階では有効ですが、身体のゆがみは変わりません

・放置

 → 一番いけません。なにも身体は変わりません。

特に、揉みほぐしやマッサージは、悪化する可能性が大なので、施術選びには細心の注意を払っていただきたいです。再発しては、意味がないですから。

寝違えから解放されて、質の良い生活を

寝違えになると、その日、もしくはその後数日の生活の質は非常に落ちてしまうでしょう。

痛み・首の痛みのせいで、頭がボーっとしてしまう。それで仕事や家事・子育てに集中できない。やるべきことがたくさんあるのに、なぜこんな無駄な時間を過ごしてしまうのか・・・

そうならないためにも、一度寝違えになってしまったら、正しい施術を選びましょう。そして寝違えの根っこにアプローチしておきましょう。

寝違え施術は当院の非常に得意とするところです。一緒に頑張っていきましょう!

寝違えに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加